耐震診断チェック2 建物の形・壁の配置 | 千葉県の住宅リフォーム専門店・株式会社トーヨーテクノ
  • 中
  • 大
  • 最大
 耐震診断チェック2 建物の形・壁の配置
 
トップページ > 耐震リフォーム > 耐震診断チェック2 建物の形・壁の配置


Q
シンプルでバランスのとれた形が地震に強い
 建物の形と壁の配置も耐震性に大きく関係してきます。 地震に強いのは、平面的にも立体的にもバランスのとれたシンプルな形で、壁が各方向のバランスよく配置されている建物です。

 

Q
理想的なのは正方形で総二階


バランスの悪い形 バランスの良い形
  L字型やコの字型など平面 的に形が整っていない家や、1階部分より2階部分がせり出している家、1階に車庫や店舗があり、壁のない一面 がある家などはバランスが悪く、地震発生時に建物がねじれる現象が起こり、耐震性が低くなります。 。  家の形は正方形が理想的です。2階建てより平屋建ての方が地震には強いと言われていますが、シンプルな形で総二階建てになっていればバランスは良く、比較的地震に強い建物と言えます。

 

Q
壁の配置も大切な要素

バランスの悪い壁の配置 バランスの良い壁の配置
ある1面が窓など開口部で占められ、壁が極端に少ない、4方向の壁の配置にばらつきがあるなど。  建物の中心から見て、各方向に同じくらいの割合で壁が配置されている。4隅に壁がある。

 

耐震診断チェック2 建物の形・壁の配置