効果の高い補強工事をうけよう | 千葉県の住宅リフォーム専門店・株式会社トーヨーテクノ
  • 中
  • 大
  • 最大
 効果の高い補強工事をうけよう
 
トップページ > 耐震リフォーム > 効果の高い補強工事をうけよう


補強工事の基本は?

とにかく壁
 「壁が少ない」「壁の配置が悪い」このような住宅の場合は壁を強くする、あるいは壁を新しく作るなどして補強します。この条件を満たさずに他の補強工事はあり得ません。
具体的にはどうするの?
 すでにある壁を外壁側からはがして、筋かいや構造用合板などで補強して復旧します。最近は費用を安く抑えるために内壁側から補強する新しい工法もあります(写 真)。

 

接合部の補強
 柱と土台の接合は特に重要です。強い壁を作ると柱の足元が土台から抜けやすくなります。壁を強くしたところの柱や、建物の平面 的な4隅はホールダウン金物で補強します。

具体的にはどうするの?
 平面的な4隅や、強い壁の設置されている壁をはがし、その両脇の柱にホールダウン金物を取り付けて復旧します。最近は費用が安く抑えられる外付けタイプのホールダウン金物(写 真)等もあります。
ホールダウン金物って?
 柱が土台から引き抜けるのをコンクリート基礎の力で抑える金物です。平成12年6月からは、木造2階建て以下の建物にもほぼ設置が義務づけられています。

 

その他の補修工事
 基礎のひび割れの補修、基礎の鉄筋化・鉄骨化、床の補強などがあります。耐震補強工事は相手が天災なので、絶対に倒壊しないと保証できるような補強はできません。コストパフォーマンス(費用対効果 )に優れた耐震補強工事から進めることが大切です。

基礎のひび割れは危険信号
 基礎は文字通り、建物を支える大切な基礎となります。その基礎にひび割れがあると、地盤の影響を建物に伝えてしまったり、建物の重さを一定に支えることができなくなるなど、建物への影響が大きくなります。この補修は比較的安価ででき、工期も2日と短期間ですむので、放置せずに対処することをお勧めします。

効果 の高い補強工事をうけよう