耐震診断を受けた人々の声 | 千葉県の住宅リフォーム専門店・株式会社トーヨーテクノ
  • 中
  • 大
  • 最大
 耐震診断を受けた人々の声
 
トップページ > 耐震リフォーム > 耐震診断を受けた人々の声

 

Q
築30年で大地震に耐えられるか?
 数年前、佐藤さんは台所や浴室などの水回り、外壁のサイディング貼りなど応急の改装を行いました。ですが、最近になって「大規模な地震に築30年を経過したわが家が耐えられるだろうか」と気になり始め、診断を決めたそうです。

 

Q
基礎の劣化と壁量のアンバランスが問題
 診断の結果は、「倒壊または大破壊の危険性がある」。無筋の基礎部分に劣化が進んでいたことと、南側の壁量 が少なくて家のバランスが悪いことが要因でした。それ以外の点ではほとんど問題がなく、構造材の劣化や家全体の傾きも発生しておらず、かなりしっかり建てられた家だったようです。

 

Q
調査日当日に工事を始めるなど、強引なセールスを行う
 耐震診断は専門的な分析を必要とするので、基本的に調査当日には正確な補強箇所・方法などを診断することは難しいものです。なかには、工事が必要だとすぐわかる場合もありますが、強引な勧誘を行う場合は悪質な事業者である可能性が高いのです。 家が潰れてしまうなど恐怖心をあおる

 

Q
震度3の揺れも感じない家に

 補強は基礎のひび割れ補修から始めました。と同時に、南側の壁3ヶ所を耐震ボードで補強。さらに、筋かいがくの字型で簡単に釘止めされているだけだったので、横桟を入れて4枚の耐震ボードをビス止めする工事を行いました。また、内付けのホールダウン金物で基礎と柱を締結。直下型地震に備えて、外置型のホールダウン金物も4ヶ所に設置しました。こうした補強工事によって、診断数値は安全圏にまで大幅に改善されたそうです。後日、震度3の地震が起きたのですが、「ほとんど気づかなかった」と効果 を実感しています。
   

 

耐震診断を受けた人々の声