バリアフリーリフォーム | 千葉県の住宅リフォーム専門店・株式会社トーヨーテクノ
  • 中
  • 大
  • 最大
バリアフリーリフォーム

バリアフリーリフォーム

家族が安心して暮らせる住まいを求めて、人にやさしい住宅をご提案します。 実績を見る バリアフリーってなんだろう

「バリアフリー」とは、もともとは建築用語で「バリア(障壁)」を「フリー(のぞく)」つまり障壁となるものを取り除き、生活しやすくすることを意味します。建物内の段差など、物理的な障壁の除去という意味合いから、最近ではより広い意味で用いられてきています。
  
私たちの周りには道路や建築物の入り口の段差などの物理的なバリアや、高齢者、障害者などの社会参加を困難にしている社会的、制度的、心理的なバリアもあります。このように「バリアフリー」とは、高齢者や障害者だけではなく、全ての人にとって日常生活の中で存在するあらゆる障壁を除去することを意味します。

2. 今、どうしてバリアフリーなの?

バリアフリー社会とは、人にやさしいまちづくり。
バリアフリー社会の実現は、高齢者や障害者だけでなく、病気やケガをしている人などにとっても、安全で安心して生活していく上で重要な問題です。

そして、高齢者や障害者にとっても障壁のない社会は、全ての人にとっても住みよい社会であるはずです。

安全・安心・快適が高品質で求められるバリアフリー住宅

日本の玄関は、かなりの段差があり高齢になると容易なことではなくなります。
段差をなくしたり手すりなどを付けることが必要となります。

裸になって入る浴室は何よりも安全性への配慮が必要です。タイルなどスベりやすい所も多い上、浴槽や床など硬い所も多くあり、家の中で一番事故がおおい所です。

せまい所での転倒は、壁にぶつかりやすく、また内開きのドアなどは、中で倒れてしまうと外から開ける事が困難になります。

生活の動線などを考え、毎日多く取る場所、家族みんなが集まる場所などは重要な場所です。

階段での転倒は大変危険です。手摺を階段に設置し、安全性を高めます。

私にご相談ください。