健康リフォーム | 千葉県の住宅リフォーム専門店・株式会社トーヨーテクノ
  • 中
  • 大
  • 最大
健康リフォーム

健康リフォーム

実績を見る 健康リフォームとは?

ここでは、健康リフォームにおいて厳選された建材を紹介します。このページで紹介されている建材についてはエコリフォーム推進協議会も推奨する建材ですので安心してご利用いただけます。

天然無垢材

一般的な接着剤で固められた合板フローリングと違い、呼吸をする本物の無垢材は、調湿効果があり、床面を一定の湿度で保ってくれます。コンクリートの約 10倍の断熱性があり、夏涼しく、冬暖かい環境となり冬でも素足が気持ちよいです。
 
また、木材はマイナスイオンを発生し、リラックス効果があると言われて います。天然の無垢材は、生きていますから常に呼吸をしています。施工後にちょっとした隙間や反りが起こることがありますが最初から認識しておきましょう。

無垢の下地材

合板フローリングや無垢フローリングを施工する際に、下地材として合板が多く扱われています。単に価格や施工性を求めて採用されるケースが現在の建築業界 です。
当社は無垢フローリングを施工する際は、根太に直接貼るか、間伐材や端材などを利用した「無垢の下地材」を採用し、森林資源の有効利用に貢献します。
 
左記の写真に写っている横の細い棒は竹ヒゴで、それでヒノキ材を繋いでいます。接着剤などの化学物質を一切使用していないため、人体には無害です。ま た、木と竹の100%天然素材であるのでリサイクルが容易であり、廃棄時にも有害物質を発生しません。

接着剤

一般的に建築用接着剤として広く取り扱われている木工用ボンド(白ボンド)。ホルムアルデヒドが含まれているが、「キャッチャー剤」によって吸着させてい る為、揮発しない仕組みだ。ただし、キャッチャー剤が有効なのは3年程度であるため、3年を超えるとホルムアルデヒドが揮発する。
 
当社の採用している「膠(にかわ)接着剤」は、100%自然素材で人体への影響もない。膠(にかわ)を使って建てられた1200年前の建造物が当時と変 わることなく現代に在るのは、その強度の証明とも言える。実際に強度テストの結果では、木工用ボンド(白ボンド)よりも「膠(にかわ)接着剤」のほうが強 度が高いことも検証済みですが、先人たちの知恵には驚くばかりです。

珪藻土

珪藻土とは 植物性プランクトン(藻)が化石化したもので、調湿や脱臭効果などに優れた呼吸する自然素材です。優れた調湿性・吸水性によって壁内外の結露を防ぎ、アト ピーや喘息の原因であるカビやダニの発生を抑制し、タバコやペットの臭いなど家の中の生活臭や有害成分を吸着・脱臭する働きをします。
 
昔から火に強い土と して、七輪、コンロ、耐火断熱レンガの原料としても使用されてきました。当社では、リフォームスタジオやイベント時にお客様ご自身で塗壁材を塗ることがで きる体験会も開催しているので、ぜひ、土に触れてみてください。
※写真は珪藻土の原石

塗料・ワックス

天然100%自然塗料(国産)、木酢液、柿渋液、ヒバ油など、天然素材の本来の効果を活かして、使っています。天然素材なので、美観も落ち着いた色を醸し 出しますし、無垢材などの性質をそのまま活かせます。
 
無塗装の無垢材に子どもが舐めても安心な自然塗料、木が呼吸でき年とともに素敵な色や艶を出す。当社の自然塗料は、溶剤にホワイトリカーなどや石油製品は 含まれていません。石油=天然ということで、自然製品として取り扱っている有名なメーカーもございますのでご注意下さい。

木絹(もっけん)壁紙

セルロース繊維で織った天然の壁紙です。
吸放湿性に優れた天然素材が、四季を通じて快適さ、ホルムアルデヒドなども効果的に吸着し、健康的な室内を保ちま す。一般の9割以上の方が安いということや汚れにくいということだけで、塩化ビニルクロス等を選ばれますがまた、木絹壁紙は上から自然塗料で塗装もできる ので、張り替える必要もありませんし、
ちょっとした傷や破れも残った壁紙を貼るだけで補修が出来ます。

和紙

和紙は世界の手づくりの紙の中で、最も薄く強靭で、風合いが美しい紙であると言われています。歴史的にも和紙は日本の家の中で使われていました。夏涼し く、冬暖かい。湿度の高い日本に非常に適し、天然の素材ですので有害物質を含んでいません。また、表情豊かな和紙は、年月をかさねて風合いもでます。汚れ たり破れたりしたら、その上から張り重ねればよいので、メンテナンスも容易です。

アウロ床用ワックス 1L 5,250円(税込
特長 成分はすべて天然成分(石油系化学物質を含まない)のため人体・環境に有害、有毒なガスが発生しません。希釈タイプのため1リットル缶で16畳約100回分の使用ができ、経済的です。 きれいに仕上げるには ワックスを塗る前に、家具窓用クリーナーでフロアーを洗浄しておくと大変きれいに仕上がります。また、ワックスをかけた後も、家具窓用クリーナーでメンテナンスするときれいになります。
使用方法

塗る前に床面を傷つけるおそれのある砂や土などの異物がある場合は、あらかじめおとりください。
使用前に容器ごとよく振ってください。
アウロワックス30ccに温水(30℃~40℃)または水1リットルの割合で薄めた液をつくり、よくかき混ぜてしぼったタオルで床全体をよく拭きます。
完全に乾くまで放置してください。(約30分) 
よりツヤを出したいときは乾いてから重ね塗りをしてください。
必要に応じてからぶきして下さい。(からぶきをするとつやがでます。)

上手な使い方

ご使用のタオルや雑巾は通常水ぶきするぐらいの固さまでしぼって下さい。厚く塗りたいといって、液が滴り落ちるようなタオルで拭くと逆効果です。洗浄効果もありますので日頃の雑巾がけの際には、水に天然ワックスを入れるとお掃除とワックスがけが楽に行えます。

1年から2年に1回はしっかりとしたメンテナンスを

フローリングをもっと大切に保護したい方には、1年~2年に1回を目安にアウロ植物ワックスNP-0171でしっかりとメンテナンスをすることをおすすめします。アウロ植物ワックスNP-0171は練り状のため、使用が簡単です。また、成分に化学物質を一切含まない自然塗料のなので、安全に作業ができます。フローリングだけでなく、家具にも使用できます。注意することは、「厚塗りしないこと」「乾燥時間が24時間ほどかかること」「使用したウエスの自然発火に注意すること」です。

外装工事価格